素の自分3

2021.06.13 その他

実はこの日は、セローさんとのお別れを決めた日。

足つき性がいい=林道で怖くない、という理由で選び、

他はがまんしてました。

熟成はあるものの、30年間基本設計が変わっていないので、

やはり現代のバイクに比べると欠点も多いのです。

①振動が大きく、不快

②エンジンがガッガッーと耕運機みたいでガサツ

③車体がよれる

セローさんの「味」の部分でもあるので、かならずしも

否定的な要素ではないのですが、当初から感じていた違和感を

がまんしながら乗ってたのも事実。

セローが悪いというより、わたしが変わったのです。

いまのわたしの波動に、このバイクは合わない。

もうがまんしながら乗るのは止めよう。

そう思ったら、すーと手放す決心がつきました。

今日はセローさんと最後のお散歩をたのしんだ日。