日常をいつくしむ

2021.04.10 その他

最近、ちょっとしたことがうれしい。

仙台も、あちこちに桜が。

ご近所さんたちのお庭も華やぎはじめてる。

名前を知らないたくさんの花々や、ほころび始める若芽たち。

空の青みも増した。

慣れ親しんだこの文明を享受できる時間は、

人類だれにとっても平等にあと3年。

ゆるやかに過ぎる時をいつくしもう。

あたらしい時代には、またあたらしい時代なりの喜びが

あるんだろうけれど、やはりちょっと感傷的にはなる。

慣れ親しんできたこの文明。

「最後のいま」たちを、せいいっぱいたのしもう。