ご希望4

2021.02.28 その他

でも、だからといって、筋のよくない存在との

共鳴やつながりがダメだ、ということではありません。

わたしは、そうしたジャッジやレッテル貼りを好みません。

一般にしんどい状況の方が学べることが多いために、

あえて人生の一時期そうした状況に身を置いてみる、

という人は意外と多いのです。

それはそれでいい、学びたいことを学んだらいいよ、

というのがわたしの立場です。

だからあえて、元AKBの方の件も紹介しました。

(正直、あの絵を思い出すたびに背筋がぞくぞく・・・)

わたし以外に、こうしたストレートな指摘をする者は

あんまりいないでしょうから、書いておきます。

意外と身近でも、ごくふつうに起こってるんですよ。

そこからなにを感じ取り、どう生かすかは各自で。