変化と動きと1

2021.11.16 その他

これから進んでいく事態について、少々。

まず、人々は大きく2つのグループに分かれていきますが、

それは2大政党制のような、大きな対立党派の誕生を意味しません。

逆に、生まれるのは、むしろ無数の小グループたち。

共鳴現象が強まっていくので、

似た波動の人たちがそこかしこで魅かれあい、

意気投合し、それぞれ特徴ある小集団を形成していくのです。

話していて楽しいし、自然に価値観を共有できるため

「うん、うん、そうだよね!」って。

それらの小集団は、徐々に、他の小集団とは交流しなくなる。

魅かれあい、引き寄せあい、共鳴しあい、強めあう。

人はもともと社会的動物ですから、結束は歓びをもたらします。

連帯による多幸感、影響圏の拡大もひしひしと実感するので、

ある種の万能感まで感じられるかもしれません。

大雑把なくくりをすると、さまざまなジャンル&方向性で、

そうした小集団を形成していく人々、というのが一つのグループ。

他方で、小集団を形成しない人々も出てくる。

この人たちは、むしろ個別行動性を強めていきます。