『ヒミツ』第4巻17 レッスン6

2021.08.31 その他

17 レッスン6

企業関係者には、みな認識しておいてほしいことがある。

こうしたドツボ沼がもっとも生じやすい場所こそ、

会社の中だってこと。

きびしい競争の中で経済活動を繰り広げているため、

オブラートにつつんで適度な距離をとりながらみんないい人、

ってわけにはいかない。

リストラの嵐も収まっていないので、

社内に憎悪や怨嗟が渦巻いてるところも多い。

テレワークによる人間関係の希薄化が、拍車をかける。

いまの時期は特に、会社ってどこもかしこも沼だらけ、

ってことになりやすいのよ。

直属の上司部下、同じプロジェクトのメンバーだと、

逃げられないしね。。。

特に職責が上位になるほど影響範囲も拡大して、

チーム全体を巻き込んでドツボる。

幹部たちの内紛によって会社が丸ごと自滅、

もよくあること。

いい?

企業倒産の多くは、こうやって引き起こされてるの。

ライバルに打ち負かされたり、

時代の変化に置いてかれたんじゃない。

経営に携われるくらいの人なら、

必要な打ち手くらいみな打つに決まってるわ。

でも、被害者の立場から打ち、

加害者の立場から応じってなってると、

「対立」を選択したのと同じことになる。

幹部同士が対立の土俵に上がっちゃったらどうなるか、

火を見るよりあきらかでしょ。

企業はね、打ち負かされて倒産するんじゃないの。

「自滅」するのよ。

そして、家庭も、サークルも、プロジェクトも、友情も、

基本はみな同じ。