分離と極と2

2020.10.24 その他

いろいろえらそうなことを書いてますが、

わたし自身も完全にできてるわけではありません。

すぐ被害者になりたがり、すねた恨みがましい空想が

脳内で浮かんできたり、よくします。

「脳内おしゃべりSTOP!」とか、

被害者を止めるいろんなワークとかは、

そんな自分に対応するために編み出したもの。

実は、わたし自身が実験台1号なのです。

・・・そしてそれは、いまでも続いている。

一般の方よりはちょっと先行しているかもしれませんが、

まさにわたし自身、リアルタイムで自分の課題に

取り組んでいる途上にすぎない。

先日も実例があったので、

次の記事ではそこを書いてみたいと思います。