時間の逆行

2020.09.18 その他

秋の夜長、読書が進む方も多いのではないでしょうか。

わたしは宇宙論が好きで、関連する素粒子物理学、

数学、天文学といった領域を闊歩することが多い。

Kindleも600冊を超えたとこ。

最近読んだ中では、筑波大学の若手研究員の

高水祐一さんが書いた『時間は逆戻りするのか』

がおもしろかった。

そのなかで、量子力学の実験では、すでにエントロピーが

減少する物理現象が発見されていることを知りました。

物理学的には、時間の逆行と等価らしい。

時間をマイナスにしても物理法則は

変化しないことはよく知られており、

「もしかしたら・・・」って感触は、意外に多くの

物理学者が持っているのかもしれません。

たとえば、こんな感じ

あのスティーブン・ホーキング博士に直接師事した

気鋭の物理学者である高水さんが、

行間の随所でもらす「もしかしたら・・・」感は、

時間だけでなく、多次元、多宇宙、人間原理、

意識、宇宙の別の観測者・・・と多岐にわたります。

もしかしたら・・・。(笑)