小さなビジネス

2020.03.30 その他

事業者の悲鳴があちこちでこだまします

でも、「かわいそう」って不要。

時代が変わるのだから、必要とされるビジネスも変わる。

必要なのは、自分なりにそこを考え、行動を起こすことの方。

各国で国境が閉鎖され、物流が滞り、

ヒト・モノ・カネすべての動きが制限される。

これまでのように、大きなマーケットを狙って

遠くまで大量に届けよう、ってビジネスモデルは

もう成り立たないのです。

あたらしい時代に適しているのは、小さな事業。

ヒントは下記にある。

・地元の方向け、一部のコアな支持者向け

・できるだけオンラインを活用(ただし、必須ではない)

・他人との接触を忌避する社会風潮はますます強まるので、

接客重視ではないもの

・少額でも、リピートが必要なもの

・大きくて、重くて、ゴージャスで、の反対

・あなた自身がたのしめそうなこと、得意なこと

たとえば、わたし自身秋保に行ったときには

よく立ち寄るのですが、太田豆腐店があります。

超のつくド田舎で、斜陽産業の代表格である

豆腐だけを売っている。。(^-^;

いつ行っても若い方々が、たのしそうに働いている。

スーパーに行くと50円とかの特売品ばかりですが、

ここは200円とか平気でします。

でも、昔ながらの製法でおいしく、濃厚。

添加物を心配しなくていい安心感。

あの水っぽい、スーパーのまがい物とは大違い。

たぶん、買ってるのはリピーターばかりでしょう

あたらしい時代にも生き残る、典型的なスモールビジネスかな、

と思いました。