風2

2020.01.17 その他

実は、一条工務店に決めたのも、この風のビジョンのためでした。

最初は無垢材や漆喰、珪藻土など、自然素材の地元工務店

を検討していたのですが、荒れていく気候への対応力を重視。

地震や強風、暑すぎる夏、寒すぎる冬、降り積もる雪や凍結、

東南アジア並みの長雨による湿気、といった

いまの日本の気候からは大きく外れていく数十年、を想定しました。

おかげでプラスチック、コンクリの多用も受け入れざるを得ず、

ちょっとへこみ気味ではありますが、しょーがない。

そっちは、山小屋で発散しよう。(笑)