こーぞー2

2019.12.07 その他

例えばです。

大気汚染がもう10年以上悪化しつづけている、

という社会現象があったとしましょう。

それだけ長期にわたって継続しているわけですから、

個人のモラルや努力不足とかいう話ではなく、

排ガス規制が甘すぎるとか、工場を野放しにしすぎるとか、

ふつうは構造要因を疑いますよね。

もちろん、構造はだれかが作ったわけで、背後には

受益者集団の明確な意図と、維持の仕組みと、利益の分配とがある。

国民たちの手取り収入が長期にわたって減りつづけている、

という社会現象に関して、同じものはないんでしょうか?

・・・と、思うわけです。 (^-^;

一般国民たちを長期貧困化させていく構造は、

もうしっかり組みあがったので、

今後はリーダー層の封じ込めが重点課題になる予定です。

年収1,000万円以上の方々への、苛烈な増税が。

特に最上位の2,500万円オーバーの方々は、この10年で最悪の

増税が実行される。

この層は、912.1万円(2001年)→ 1,288.9万円(2020年)と

納税額が急増するので、じつに400万円近くも手取り年収が減ることに。

すさまじいと思いませんか?

ヤツらもらいすぎだから、いい気味?

・・・れいせーに考えてみてください。

もし、あなたのチームのリーダーがやる気をなくし、

モチベーションが下がったら、チーム全体の業績は

どのように変化するでしょうか?

めぐりめぐって、あなたの給与は?

それをそのまま、社会全体のリーダー層に置き換えてみたら?

あなたの会社の社長さんが豊かでないとしたら、

トップが、がんばっても意味ないからって考えてたら、

あなたは豊かになれるでしょうか?