天気の子

2019.08.05 その他

話題の映画「天気の子」を観てきました。

新海監督ってそれっぽい描写が多く、前作「君の名は」もあり、

たぶんつながってる方なんだろうなとは思っていましたが、

その点はまちがいないと確信できました。

ただ、問題はつながり先、ってありがちなパターン。。。

(^-^;

・新宿の風俗店、歌舞伎町の街並み、ラブホテル街の描写が多く、

山場の一部はラブホ内で、場面設定に退廃性を感じざるを得なかった

・少年と少女が再開する場面も、少女が風俗でのアルバイトを決め、

同意のうえで初回の風俗サービスに連れていかれるのを、

強制と誤解した少年が体当たりで助ける場面

・主人公の少年と少女の出会いの場面がマクドナルドで、

ふたりの出会いの印象深いシーンに重ねられ、

ハンバーガーが人生で最高の夕食だったと美化される

(制作委員会方式なので、スポンサーにマックがいるのでしょう)

・出てくる食事はほぼすべてインスタントやジャンクフード、

アルコール、タバコ、缶ジュース、コーヒーのたぐい

・果物は一度も見かけず、生野菜はネギだけだったかも・・・

・拳銃が重要な転機をもたらすキーアイテムとして出てくるが、

子どもでも高い殺傷性の武器を持てば大人に対抗できる、という描き方

・そして、最後のメッセージ

元に戻っただけ、もともと狂ってたんだからいいんだ、というフォローが

何度も入って罪の意識を何重にも緩和する仕掛けが入っているが、

「個人の利得や願望はすべてに優先してよい」という印象が強い

ネタバレしない範囲で書くのには限界もあり、

自分でご覧になるのが一番と思います。

あと、TOHOシネマズでは、番宣で子どもむけホラー映画

「アナベル」の予告編を臨場感たっぷりに長尺で見せられます

上映開始時間より10分ほど遅れていけば、

観たくない方/見せたくない方は回避できるでしょう。。。。

・・・それにしてもまあ、あの手、この手。。。。 ┐(´Д`)┌