放棄

2019.06.09 その他

大型バイクの教習を放棄しました。

順調に課題をこなしており、一本橋も余裕で10秒以上とどまれるし、

スラロームも5秒台の俊足ライダー。

全課程ストレートにクリアできており、けっこう優等生、す。(笑)

たぶん、あと1週間もあれば大型免許を取れちゃうのですが、

悪夢は見るわ、免許証はなくすわ、教習に10分差で間に合わない、

手首痛くてドタキャンなど、さすがにこれだけ重なると、

「やめとけ」ってメッセージと考えざるをえない。

事実、この1か月ほどナナハンマシンを操っていて感じていたのは、

つねに「過剰」でした。

デカすぎ、重すぎ、馬力ありすぎ、速すぎ。。。

まったくもって、たのしくない。

目玉として、ハーレーダビッドソンに乗る授業もあったのですが、

まあひどいもんです。

振動でマフラー落ちたとか、武勇伝が多いのも納得。(笑)

憧れって、遠くから切望しているときが一番輝いて見える。

手にしてみるともてあまし、むしろいままで手元にあったものが、

自分にとってはベストだったという幸せを再確認させられる。。。

必要ないから、あたえられていなかった。

必要なものは、すでに手元にあった。