豊さの多様性

2019.02.20 その他

調理ロボットの進化がすごい

(音が出ます)

そりゃ、料理人たちの仕事がなくなっていくわけだ。。。

先日、当社でも実例があったのですが、

経理パートさんが辞めたいとのこと。

話を聞くと、ルータ発送など「雑用」が多く、

経理の仕事をさせてもらえないなら辞めさせてほしい、

ということでした。

わたしは、下記の話をしました。

・経理の仕事を優先的に割り振ってもいいけど、

いま経理チームが取り組んでいるのは、「経理業務の削減業務」だよ

・AIと金融は非常に相性がよく、当社もクラウド化と

システム連携、機械学習をどんどんすすめている

・もうすぐ、経理クラウドが銀行やカード会社のシステムと自動連係

・会計事務所もそのクラウドに直接入って月次監査を行い、

そのシステムから税務署へ申告まで自動でやっちゃう

・もうすぐ経理業務はほぼなくなり、経理担当者も不要になりますが、

それでも経理業務がやりたいですか?

当社では、「多能工」化が教育の基本方針。

一人の人間が、あれもこれもやらされる。

一見中小ゆえの悲哀に見えますが、とんでもない。

あれもできるし、これもできる。

つぶしがきいて、どんな変化にも即応可能。

そうした人材を、ふだんから意図的に育成しているわけです。

しかし、自分の業務はこれだ、それ以外は自分の仕事ではない、

と決めつけていると、多様な豊かさを受け取れなくなる。

上記は、その典型例だと思いました。

・・・・納得したのか、その後彼女は生き生きと働いています。

「雑用」でしかなかったものが、むしろ自分の多様な能力を開花させ、

未来の多様な豊かさを創出してるんだ、と感じているのでしょう。