マーケティング2

2019.02.13 その他

先日、あるビジネスフェアに出展したときのこと。

地方開催ということもあり、閑散としていました。

なにより、売り手ばっかりが集まるわけですから、

まあ、「売ろう売ろう売りこもうオーラ」が会場全体を覆い、

正直、わたしは居心地が悪かったです。

こんなに居心地の悪い=気の悪い場所で、ほんとーに

お客様は買い物をしてくださるんだろうか?

企業はマーケティングに、多大なコストと手間をかける。

さすがの消費社会も成熟化が進んで、

いまや足りないものなどまずないわけで、

そうしたなか、さらに過剰に消費してもらうために、

あの手この手を尽くさなければならない。

そりゃ、コストも労力も、ハンパない。。。。

当社も営業活動をしないわけではないのですが、

そのやり方はかなり特殊。

社内で行われる読書会、マッサージ、スプーン曲げなどの

各種研修こそが最大の営業活動であり、最強のマーケティング、

と考えているから。

社内通貨であるポイント制度に紐づけられた

景品ショップやガチャ、「聞く会」と称される

飲み会&食事会、すべて無料の社内カフェもまた

そうした「最強のマーケティングツール」のひとつ。

結局のところ、社員たちみんながたのしんで、

心地よい波動で社内が満たされていると、

出入りする業者も電話相手も、ネットの向こう側のユーザーも

全員がその影響を受ける。

これだけの数の「意識」がよってたかってプラスの現実創造を

していくわけですから、そりゃ成果も出ますって。(笑)