内部崩壊4

2019.02.06 その他

「内部崩壊1~3」を読んで、どう思いました?

不安になりました?

いいですね。(笑)

そーなるよーに、わざと書いてます。(^-^;

地球が太陽のまわりをまわっているように、太陽系もまた

全体として銀河の中心をまわっています。

こんな感じで。(音が出ます)

この2万6千年のサイクルの中で、相対的にエネルギー密度の

高い領域を通過する時期があり、現在がまさにそれ。

太陽も、地球も、いわばエナジーチャージされた状態であり、

地球上に暮らす生物たちもまた、エナジーチャージ。

・・・すると、傾向性が強く出る。

さまざまな変化が起こる中、もともともっていた傾向性、

まだ残っている傾向性が強く出て、表面化しやすくなる。

わたしの場合だと、慈愛に満ちた全体性から分離し、

さまざまな制限がかけられたうえで、ポジティブ/ネガティブ

両方の極をもつようになった。

基本はポジティブ進行を選択していますが、

まだネガティブ極性にも残滓が多々あり、膿み出しをしている最中。

この「膿み」に触れたとき、まだあなたのなかにネガティブ極性が

残っている場合には反応し、ついこうした記事を読み、

不安になるわけです。

たぶん、わたしの役割の一部。

「膿み出し」のプロセスを公開することで、

感応しちゃった方々に気づきをもたらすこと。

あ、まだ自分のなかにそうした要素が残ってるんだ、

その事実を認め、受け入れたうえで、感謝しながら手放そう、と。

不安になったのなら、少しの間目を閉じ、

上記のワークをやってみてください。

「この不安な感情と、その元になっている考え方を手放します。

いままでありがとう。」って、

これが、さまざまに分断されちゃっていた自分を再統合していく、

いわゆる「浄化と統合」のワークです。