生涯コストと生涯と

2018.11.25 その他

住居の生涯コスト

たぶん下記が一番安く、かつ、たのしめると思います。

①若いころは、できるだけ都心のマンションに住み

通勤の疲労と時間のロスを軽減する

②断捨離をすすめて、狭さをカバー

人生を謳歌しつつ、仕事もがんばる

③1,000万円貯める

(経済的に自立している人は、何に対しても強い)

④40代になったら、中古の一軒家を買って、

できるメンテは自分でたのしみながらやる

⑤老後もそこに住む前提で、バリアフリー化などできる

ところから進めておく

どのフェーズでも重要なのは、シンプルライフをたのしむこと。

精神的な満足感を自ら創出できるようになっていると、

たいしてお金をかけなくても、お金持ち以上の充足感をえられる。

なにが起こっても、どんな状況にたいしても、

「学ばせていただいている」、「ありがとう」といえるなら、

さらに幸せは深まる一方。