更新停止

2018.07.13 その他

金利は正直です。

債権の発行体の健康状態を、端的に示してしまう。

その意味で、LIBORは世界金融システム全体の体温計だった、

と言っていいでしょう。

だんだんと、その不都合さが顕在化してきたため、

LIBORは2021年までには廃止され、

もっと操作性が高く、偽装も容易な新指標

「担保付翌日物調達金利(SOFR)」が運用されることに

もちろん、ある程度国際金融の知識のある方々は、

ひきつづきLIBORの動きを見ていたわけですが、

最近動かないな、変だな、と思って今朝調べたら、

主要サイトで更新が一斉に止まっていました。

7月5日~11日くらいで、おおむね停止しているようです。

もっと調べたら、まだ出しているところが残っているかもしれませんが、

全体的なトレンドとして停止・廃止されていく流れは変わりません。

こーやって歴史は変えられていくんだなー、と久しぶりに感じ入った次第。

先日は、米国の新車販売台数の公表が止まっちゃったし、

わが国の国税庁は所得中央値の公表を停止して久しい。

スーパー/コンビニ業界でも、既存店だけの販売統計って、

どんどん非公開になってきてるし。。。

歴史って、こーやって変えられてくんだなー。。。