到達域2

2018.05.01 その他

日々の膨大な選択のなかには、意識的に行ったこともあれば、

無意識に行ったこともある。

偶然もあれば、必然もあり、運命もあるかもしれません。

しかし、選択行為に一定の方向性を持たせることで

「因果律の到達域」はコントロール可能、

ということはおわかりいただけると思います。

これが、バシャールのいう「ワクワクに従って生きる」、

エイブラハムのいう「引き寄せの法則」、

飯田史彦先生のいう「生きがいの創造」です。

このとき注意すべきは、25億回の行為選択のうち、

圧倒的大部分が無意識のうちにになされている、という事実。

部屋を出るとき、右足から出るか左足から出るか、

なんていちいち意識しないですよね。(笑)

そう、実はあなたの現実を創造し、あなたが進むべき道を選び、

あなたの「因果律の到達範囲」を決めているのは、

圧倒的に無意識下での行為選択なのですよ。

その「圧倒的かつ膨大な無意識下での行為選択」によって、

あなたは不運を招き寄せたり、幸運を遠ざけたりしているのです。

無意識をいかにコントロールするか?

ここにこそ、最大のカギがある。