適応

2018.04.08 その他

最近、更新が少なくてすいません。

本質的なことは過去記事で指摘しつくしており、

その現実化のプロセスを小出しに追ってもしょうがないな、

というのが現在の心境です。

たとえば、日本版海兵隊の始動

本ブログの読者であれば、別に日本が好戦的になったり、

かつての軍国主義が復活する話ではなく、

米軍に依存しない自主防衛、真の独立を果たすための

プロセスであるとご存じなので、特に違和感はないかと思います。

いわゆるMSA協定は2045年で失効し、米軍はほぼ撤退を完了させる。

そこから、あらたな覇権国ニッポンが立ち現れてくる。

円高にかんしても同様。

マスメディアは目の前の乱高下しか報じませんが

長期トレンドで、世界の主要通貨との加重平均を俯瞰すれば、

この30年間、実は大局的には円の価値は約2倍に上昇している。

2倍、ですよ。

(出典:日銀「実効為替レート」 2010年=100)

そして、円の価値の上昇は、むしろこれからが本番。

いよいよ世界覇権、通貨覇権がわが国へ移譲されたことが

あきらかになると、円は劇的にさらなる上昇を見せることに。

同胞のみなさま。

過度に委縮する必要はありませんよ。

この30年間、国民たちはひたすら貧困化してきました。

しかしそれはある意味で、あらたな社会への適応に少しずつ、

毎年数%ずつ強制的に「慣れさせられてきた」、ということでもある。

われわれはすでに、あらたな時代への物質的な適応を終えているのです。

つぎは、精神的な適応。

たのしみながら、ともに進んでいこうじゃありませんか。(笑)

相対的に、ニッポンの未来は明るいのですよ