しない生活

2018.03.06 その他

本書の内容は、おそらくほぼすべてが既知のこと。

目からウロコが落ちることも、涙があふれるような感動もありません。

しかし、過酷なノルマに追いかけられ、連日の残業に擦り切れ、

あふれるようなネットの情報収集に目を充血させ、

眉間にシワを寄せながら声高に正義を叫ぶのに疲れたら、

本書を手に取ってほしい。

休むために読む。

正しくなくても、立派でなくてもいいように、たゆたう。

降りたって、いいじゃん。

届かなくても、足りなくても。

血眼になって、追いかけなくたって。