数字

2018.02.09 その他

数字で、はっきりと影響がわかると思います。

仙台市の場合、出生数が増え、死亡者数は減少。

あの日、放射能プルームは山形との県境の山沿いに進んで、

三陸沿岸にむかって流れ込んだ

仙台市自体の汚染は、相対的に少なかった。

横浜は逆で、ピンポイントに直撃を受けた

汚染地図には反映されてないけれども。。。

正直、これから結婚して出産する可能性のある若い女性は、

住んではいけない地域だと思います。

未来あるお子さんたちも。。。