ラスベガスの銃乱射 3

2017.10.08 その他

ラスベガスでは、大規模な銃の乱射事件がありましたが、

狂人もしくはテロリストたちは、なぜかみな都合よく

事件後に自殺したり、身元がはっきりわかるパスポートを持参する。

被害が大きくなるように、なぜか内側から脱出口が施錠されていた、

なんてお話も、いろんな事件で共通する。

日本のマスメディアは銃規制の問題だけをとりあげますが、

本質は違いますよ。

狂人やテロリスト、武装した暴徒たちに対抗するため、

トランプ政権は、警察に軍事レベルの重火器、装甲車等の配備を

をすすめる見通し。

これは世界的な潮流で、欧州ではすでに頻発するテロへの対策として、

日常的に軍隊が街中のいたるところに展開しています

「警備のため」「市民を守るため」と称して。

もちろんあなたの身元など、もうすぐ100%捕捉済みに

われわれの社会は、着実に変わっていきます。

あらたな時代のあらたな社会へと。。。。