道程 1

2017.06.17 その他

日本の覇権国化への道程が、かなりはっきりしてきました。

まずはアジア圏からドル基軸体制を排除していくために、

アジア諸国の通貨と日本円の直接交換を開始する

わが国皇室の血が混じるタイ王国からスタートというのがまた、

象徴的と思います。

だって、産油国がドルを介在しない決済をやろうとした瞬間、

ありもしない大量兵器を口実に攻め込まれた。

フセインだって、ほんとうは中東諸国に貢献しようと

していたわけですよ。

カダフィ大佐も同様です。

彼は、アフリカ諸国/中東諸国が実質的に

いまでも欧米植民地でしかない実態を改善しようとし、

共通通貨構想を打ち上げていた。

ドル基軸体制から離れようとした瞬間、

ああいう目にあったわけです

じつは、かつて日本も同じ目にあいました。

アジア通貨危機の際、ドルを介在せず、

アジア諸国と円の直接交換を実現することで、

世界最高の裏付け能力を持つ円の信用性を、

アジア各国に提供しようとした。

しかしその瞬間、あの「ノーパンしゃぶしゃぶ」に代表される

一連のスキャンダルをしかけられ、当時の大蔵省は実質解体。

これが、過去、ドル基軸体制に挑戦した者たちの共通の末路。。。。