インフレ転換

2017.01.12 その他

長らくマイナスに沈んでいた10年物国債の金利も、

昨年11月の半ばころからプラスに転換しています。

消費者物価、企業物価ともにまだデフレ状態ですが、

わが国では、インフレ転換の素地が整いつつある、と見るべきでしょう。

rate

欧州に目をやると、ユーロ圏はかなりのハイペースで

インフレ転換が進みつつある

世界の黒幕大英帝国も、統計史上最速のインフレ転換となる見込み

たぶん、軽く3%くらいは、あっというまに実現しちゃうんじゃないでしょうか。

米国もまた、トランプ政権による大規模な財政出動(公共事業の急増)と、

大規模な減税の両輪により、インフレは急激に加速するとみられています

わたしの見立ては、下記です。

・各国とも政府が公式統計を粉飾しているので、

表面上は好景気が喧伝されるが、ひきつづき

実態経済は非常に悪い状態で推移する

・にもかかわらず資産バブルが発生し、株式と不動産、

コモディティーの価格は上昇していく

・Bitcoinに代表される仮想通貨へのキャピタルフライトはつづくが、

政府に完全捕捉されているので、Xデー時に受益者は一網打尽

・米国の場合、あんなにお金がないのに財政出動を増やし、

さらにWで減税まで一気にやるって、狂気の沙汰

目先の好調さとは裏腹に、帰結はかなり悲惨なものになりそう

(ソ連崩壊と同等の苦難を味わされる)

ここから、最長で3年。

がんばっていきましょう。