あなたと体

2016.05.12 その他

たしかに、良質な食事をとるには、手間も費用もかかります。

手間と費用をかける価値が自分にはある、

と考える人はかければいいし、

かけない人は、実際に価値のないサイクルに

突入することになる。

・・・・さはいいながら、実際にあんまり費用がかさむと、

困りますよね。

いい方法がありますよ、だんな。

「食べない」、です。(笑)

体って、あなたとおなじ。

ふだんは余裕かまして、力を出し切っていない。

しかし、明日が締め切りとなるとさすがにこれ以上

先延ばしするわけにもいかず、やおら焦ってやりはじめる。

んで、実際に全力で取り組んでみると、

数時間で仕上がったりするわけです。

何週間かけてもできなかったのに。。。。。

「食わない」状態って、それを日常的に作り出すこと。

なにせ絶対量が少ないので、体はいっしょうけんめい

栄養素を吸収し、全細胞へ届けようと必死になります。

ふだんはサボっているさまざまな機構がやおら目覚め、

危機を察知した細胞全体が、活性を高める。

そう、空腹の時間って、じつはもっとも活性が高い。

記憶力、認識力、判断力などがフル稼働しており、

細胞の修復も、若返りも、ガンガン進んでいる状態なのです。

ダイエットもできて、お肌につやと張りがもどり、

若返りながらお金も節約できるって、

理想的じゃないですか?

良質な食事を少量いただく。

たぶん、あなたの人生を劇的に変えますよ。