急げ 1

まあ、ヲタ話と思って、聞き流してください。

じつは、先月からわたしはモーレツな勢いで、

社内改革を進めています。

給与制度を見直し、就業規則を改訂し、飲み会から

おそうじ方法まで社内規定を定め、

すごい勢いで社内の仕組みを変えていった。

おかげで、あっというまに、迎撃態勢が整いつつある。

「急げ!」って、聞こえたんですよ、先月。(笑)

脳は受信機かもしれない、って考えたことありますか?

松果体のなかには、微量元素のクリプトン原子がなぜか含まれています。

121uasdfasd125zxoic78r6aklqfasdoivz

一部、欧米の脳研究者たちは気づいている節があるのですが、

どうもこのクリプトン原子は書き込みが可能。

最近の半導体技術ではもう、原子単位で素子をあつかいますね。

1個置くとか、3個並べるとか。

ところが脳はその水準をはるかに超え、

クリプトン原子に、直接書き込みを行っている可能性がある。

どうもそれが、量子テレポーテーション現象を使っているようなのです。

(ニコン社が、東京大学の研究成果をわかりやすくまとめています)

まあ、ヲタ話なので、軽く流してくださいな。

量子テレポーテーションに、距離は関係ありません。

もし、脳が受信機だとすると、じゃあ送信側は何者?(笑)